カギの修理のお問い合わせ増えています

スタッフ写真

 突然ですが「カギの絵を描いてください」と言われたらどんな絵を描きますか?おそらく細長い先端の側面にギザギザをつけると思います。これは概ね古いタイプのカギでシリンダー(鍵穴)が破壊に弱く、ピッキング用の工具で簡単に開けられてしまいます。現在ピッキングに強いシリンダーやカギが開発されており、ピッキング対策の観点から早急なカギの修理・交換が必要です。耐ピッキング性能の高いカギには側面のギザギザのかわりに丸い凹凸などがあり、シリンダー内部の構造がより複雑になります。構造が複雑ということは、多少デリケートになりますので、何年も使うと開けづらくなったり、回らなくなったりする場合があります。あるアパートで隣の人に潤滑油を借りて部屋に入れた方がいましたが、シリンダーに油を注すのは、油に着いた埃が鍵穴の中に入るため鍵メーカーでは勧めていません。開きにくい場合は、カギや内部を傷めかねませんので無理に回したり何度も抜き差しせずに、専門の業者へカギの修理を依頼してください。
 繰り返しますが玄関のドアに古いシリンダーをご使用の場合、安全のためにも早急な交換が必要です。しかしカギのメーカーや型は多く、ご自宅のシリンダーが交換対象かどうかの判断や、修理や交換を要するかはカギのプロへ相談いただくのが確実です。カギの修理・交換についてご不明な点は、ご遠慮なく我々スタッフにお問い合わせください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!0120-270-122

  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<