ドアノブのロックに関するお問い合わせも多く頂いております

スタッフ写真

 自宅の中にあるドアのタイプは色々とあり、玄関や勝手口と同じように内側からと外側との両方に鍵をかけることができるタイプと、部屋の内側または外側のみしかかけることができないタイプがあります。
 小さなお子さんが間違えてドアノブのロックをした時に、もう片方からロックを解除することができれば良いですが、できなかった時にはドアを開けることができないだけではなく閉じ込めてしまう形になってしまいます。これが購入された住宅やマンションの場合は前もってチェックして、ドアを付け替えることができますが、賃貸のお部屋を借りている場合にはなかなかそうはゆきませんし、我が家の場合そんな心配はないと思っていましても、押しボタン方式のドアノブやレバー式のノブでしたら開け閉めをキッチリしていないと、無人の状態でもドアノブのロックが掛かってしまうことがあるのです。
 そうなってしまった時には慌ててドアノブやレバーを壊そうとしないで、早めに鍵のプロの力に頼りロックを解除してもらいます。自分でおこなえばドアノブやレバーを壊すだけではなく、ドアノブのロックも解除することができなくなりますが、壊さないまま解除することが鍵のプロの技術なので、ドアノブのロックが掛かって開けられない時にはまずは相談して頂ければ、お近くでしたらすぐに駆けつけます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!0120-270-122

  • 0120-270-122
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼
<